楞厳寺秘仏 聖観世音菩薩の卯年里帰り法要 御開帳無事終了

        平成23年 卯年里帰り 御開帳法要

マウスのポインタを画像に当てると内容が表示されます。

 

今年は「卯年」、楞厳寺秘仏の「里帰り、御開帳」法要が行われます。

嘉永5年(1853年)湯野観音岳山頂で発見され楞厳寺に奉納されました。

楞厳寺では卯年毎に奉納された松田家に一晩、お帰りいただく「里帰り」法要を

営んでいます。本年は下記の日程で厳修されます。どうぞ御参詣ください。

 

 

 

 

 

 

 

            松田家へ里帰り   平成23年4月2日 夕刻

            楞厳寺へ奉納    4月3日 10時 到着迎聖の法要 

 

                                        11時30分~18時 御開帳

 

 

 

 

               寺宝 黄金聖觀世音菩薩  

 

像 高4.3cm、重量35.0gの金造(金の純度90.18%)の小像。天然の砂金を原料として、中型を用いて鋳造した中空の仏像。本像は、「日尾山中出現 黄金像正観世音縁記」及び日尾山山頂黄金像出土地石碑により嘉永6年(1853)3月13日、日尾山(現観音岳、標高410m)の山頂で見出され、翌嘉永 7年(安政元)、日尾山の南東麓にある楞厳寺に納められました。

 金造の化像は、全国的に楞厳寺以外に奈良県大峯山寺から発見された菩薩形坐像、阿弥陀如来坐像(両像の金の純度は、それぞれ88%~90%、89%~92%、10~11世紀製作)の2例しか知られず、わが国美術史上注目すべきもので、 製作は、11~12世紀と推定されます。

里帰り:松田家の先祖、好松氏が黄金仏を寺に奉納した善徳を讃える行事で、前晩に住職が松田家に黄金仏を携えて赴き、松田家の親族とともに一晩過ごしていただく。翌朝、松田家から行列をなして再び楞厳寺に納めていただき、万人の幸せを祈願する行事です

                                          法 要 日 程

 

              4月2日(土曜日)

 

 

            19:00       黄金仏 楞厳寺を出発 

            19:30   松田家到着 厨子安

            19:45   読経 

            住職法話

            参列者焼香

       20:30   お斎(懇親会)

 

              4月3日(日曜日)

 

       8:30   牧上組様 来訪

       8:45   住職、お供の僧侶、総代様来訪

            桜茶 読経

         9:30   黄金仏行列出発

        10:00   楞厳寺到着    

              黄金仏迎聖(ごうしょう)法要 (お寺に奉納)

                檀信徒御開帳

        10:30   檀信徒施餓鬼 卒塔婆供養

 

 

                   11時30分より一般参詣者御開帳